こんにちは、
管理人のmegumiです



今回は「効果的なウォーキング」についての第二弾を
色々書いていこうと思います。



毎日やれたら理想的ですが、なかなかそうはいかないもの、
それでも週に何回かやるやらないでもかなり違うので、
まずは気が向いた時だけでもやってみて下さいね



夫婦でやると、ウォーキング中に色々話ができて
意外にいいものです



ちなみに第一弾はこちらから
↓ ↓ ↓
「効果的なウォーキングとは?」 (1)



・時間よりも長い距離を歩く
ウォーキングなどの有酸素運動で、脂肪が燃焼し始めるのは
開始から20分後くらいだといわれています。



20分のウォーキングだと3キロ前後といったところ、
しかしダイエットを目的に歩くなら、
もう少し距離を伸ばしてウォーキングしましょう。



私がウォーキングする時は30〜40分なので、
距離にするとおそらく5〜6キロぐらいは歩いています。


・ウォーキングをするなら朝より夜
いつするか?いまでしょ!…ではなく、
朝夜どちらでもできるなら夜がお勧めです。



夜のウォーキングをお勧めする理由は、
「リフレッシュ」
リズムの良い運動はストレス解消に効果があるといわれ、
ウォーキングはこれにうってつけ、その日のストレスは
次の日に持ち越さないようリフレッシュしましょう。



「質の良い睡眠」
良い睡眠をするには適度な疲れが必要、
ウォーキングで体を適度に疲れさせることで、
質の良い睡眠をとることができます。



ちなみに旦那はいつもすぐ寝ることができる
うらやましい体質の持ち主、何も考えないと寝れるそうですが
そんなにうまくいかないですよね〜



「温度が低くなり快適」
夏場は特に思うこと、朝や日中にウォーキングをするのは
健康的というよりもはや危険行為になりかねません。



気温の下がった夜に快適にウォーキングしましょう。



ただし、夜、涼しくて快適だからといって
激しい運動は逆に睡眠を妨げます。



また、夜道を歩くので充分に注意してウォーキングして下さい。



・ウォーキングの消費カロリーについて
ウォーキングとその他の運動について、
30分行った場合の消費カロリーをまとめてみました。



ウォーキング(145キロカロリー)
ジョギング( 210キロカロリー)     
水泳(180キロカロリー)
自転車(70キロカロリー)
徒歩(80キロカロリー)




あくまで目安ですが、ウォーキングはしっかり行えば
充分な消費カロリーがありますし、
誰でも気軽にできるスポーツとしては一番です。



・ウォーキングは乳がんの死亡率を低下させる?
アメリカの研究で、ウォーキングと乳がんに関するものがあり、
それは1週間に3〜5時間ウォーキング相当の運動をすることで、
乳がん死亡率が約半分になるということです。



調査は乳がん患者約3000人に8年行い、その運動量を調べる、
運動はウォーキングの他、マラソンや水泳など様々ですが、
その運動の消費エネルギーをウォーキングの時間に換算して、
運動量を比較しています。



そうすると週1時間未満の運動量での乳がん死亡率を1とした場合、
週1〜2.9時間の死亡率は0.9、
週3〜4.9時間は0.5、5〜7.9時間は0.56、
週8時間以上は0.6になったということです。




ウォーキングだけではありませんが、
そのような運動をすることによって、
乳がんの死亡率が低下する結果が出ています。



この研究だけで証明されたというわけではありませんし、
患者に偏りがあるかもしれませんし、
元から運動をしていた人、食事管理をしていた人など、
それ以外のことを明確にしていないという点があります。



ただ、一つの参考例として、
運動がからだに与える好影響を
裏付けるものにはなりえるのではないかと思います。



ウォーキングをすることのデメリットはありません。



シューズを買うことにお金がかかることぐらいでしょうかたらーっ(汗)



若い方からご年配の方まで、
すぐに、気軽にできるウォーキングで、
効果的にじっくりとダイエットして、
体力を維持することを目指していきましょう



今回も最後までお読みいただきありがとうございます。



今後もよろしくお願いします。



管理人のmegumiでした



管理人お勧めの酵素ドリンクはこちら

管理人オススメのグリーンスムージーはこちら

管理人オススメの「セレブ油」はこちら